「ハイパーリノ」で勝つための打ち方・設定推測

「ハイパーリノ」で勝つための打ち方・設定推測

2017年6月に山佐から登場した「ハイパーリノ」は、「リノ」シリーズ初のボーナスで出玉を獲得するノーマルタイプのマシンとなります。

トマトが揃えばボーナスのチャンスとなるゲーム性はそのままに、ボーナス合算は約1/99、ボーナス比率も「1:1」と、とても遊びやすいスペックとなっています。

また、設定が1段階しかないというのも大きな特徴の一つとなっています。

ここでは「ハイパーリノ」の、スペック・打ち方・設定推測・演出について紹介します。

スペック

確率

出玉率は、小役の完全獲得・ボーナスの最速揃え・ボーナス時の技術介入をすべて実施することで、出玉率は101%まで上昇します。

設定BIGREG合算出玉率
Y1/1991/1991/9997.8%

リール配列

リール配列については「P-WORLD」に掲載されている画像が見やすいです。

リール配列 | ハイパーリノ | P-WORLD

打ち方

通常時

順押し、中押し、逆押しと様々な打ち方がありますが、ここでは王道の順押し手順を紹介します。

まずは、左リール中段~下段に赤7を狙します。以下、停止形により打ち分けます。

左リール上段にトマトが停止したとき

中リール・右リールともにに青7を目安に青リンゴを狙います。

なお、トマト揃いのチャンスでもあります。

左リール中段にトマトが停止したとき

ボーナス確定なので、中リール・右リールともにフリー打ちでOKです。

左リール下段にトマトが停止したとき

中リール・右リールともにフリー打ちでOKです。トマト揃いのチャンスです。

ボーナス成立時

ボーナス告知やチャンス目出現時は、迅速にボーナスを揃えましょう。

ボーナスは、ビッグボーナス(7揃い)とレギュラーボーナス(BAR揃い)の2種類だけで、ビッグボーナスは、赤7青7どちらの図柄で揃えてもOKです。

ビッグボーナス中

1度だけ14枚役を獲得し、残りのゲームは順押しフリー打ちでMAX307枚獲得可能です。

ビッグ中の14枚役獲得手順

中リール上段~中段に赤7もしくは青7を狙い、左リール右リールの順でフリー打ちします。中リール中段に7図柄が停止すれば成功です。

レギュラーボーナス中

1度だけ14枚役を獲得し、残りのゲームは順押しフリー打ちでMAX90枚獲得可能です。

レギュラー中の14枚役獲得手順

中リール中段に赤7もしくは青7をビタ押しし、左リール右リールの順でフリー打ちします。中リール中段に7図柄が停止すれば成功です。

同時当選

トマトとボーナスの同時当選があり、同時当選率は約50%で本機のメイン当選契機となります。

なお、通常時のトマト出現率は約1/72です。本機でもトマト成立はアツいですね。

リーチ目

代表的なリーチ目は、公式サイトで紹介されており、とりあえずは紹介されているリーチ目を把握しておけばOKです。

チャンスパターン | ハイパーリノ | 山佐

演出

通常時には、以下のような違和感演出があります。

遅れ

レバーオン時に遅れが発生するとボーナスのチャンスです。なお、遅れ時間によりボーナス期待度が異なります。

  • ショート:ボーナス期待度約20%
  • ロング:ビッグボーナス確定

バウンドストップ

リールがバウンドストップすれば、その時点でボーナス確定です。また、第2・第3停止時にバウンドストップならビッグボーナス確定です。

ボタンフリーズ

停止ボタンがフリーズすればボーナス確定です。フリーズ時間が長ければビッグボーナス確定です。

告知ランプの違和感演出

以下の違和感演出が発生すればボーナス確定です。

  • 効果音なしで、告知ランプのシャッターが全開
  • 一瞬、告知ランプのシャッターが開く
  • 告知ランプのシャッターが連続で開閉

あとがき

今作でも、シンプルなゲーム性やトマト入賞でアツくなれることは間違いないです。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。