「HANABI(ハナビ)通」の打ち方・スペック・設定推測

「HANABI(ハナビ)通」の打ち方・スペック・設定推測

2019年5月にACROSS(アクロス)から登場した「HANBI(ハナビ)通」は、技術介入機などのパチスロの原点に立ち返った機種を開発するプロジェクト「A PROJECT」の第3弾として2015年2月に登場した「HANABI(ハナビ)」の後継機となります。

基本的なゲーム性は前作を踏襲しつつも、リプレイハズシ手順の変更と、レギュラーボーナス中の技術介入が追加され、より”通”好みの仕様になっています。

ここでは「HANBI(ハナビ)通」の、スペック・打ち方・設定推測・演出について紹介します。

スペック

確率

※フル攻略(小役完全獲得、リプレイ外しなどの技術介入)で出玉率は2%ほど上昇します。

設定BIGREG合算出玉率
11/312.11/385.51/172.597.8%
21/303.41/364.11/165.5100.0%
51/287.41/337.81/155.3103.5%
61/268.61/312.11/144.4107.3%
H1/1260.31/1260.31/630.2108.9%

リール配列

リール配列については「P-WORLD」に掲載されている画像が見やすいです。

リール配列 | ハナビ通 | P-WORLD

打ち方

通常時

通常時の打ち方は、前作の「HANABI(ハナビ)」と同じです。

まず左リール枠上・上段にBARを狙い、右リールはフリー打ちします。以下、停止形により打ち分けます。

氷テンパイ時

中リールに赤七を目安に氷を狙います。なお、右リールのBAR図柄は氷の代用になっているので注意します。

左リールにチェリーが出現or氷テンパイ以外

中リールはフリー打ちでOKです。なお、左リール中段にチェリーが停止した場合は、ドンビッグ確定です。

ボーナス成立時

ボーナス成立の際は、ドンビッグ・赤七ビッグ・レギュラーのいずれのボーナスが成立しているかを判別するために、1枚がけで次のようにボーナスを判別します。

なお、ボーナス成立に気づかなくても3~5ゲーム後には「たまやランプ」でボーナスを告知してくれるので安心です。

ボーナス判別手順

まず、右リール中段付近にドンちゃんを狙います。以下、停止形によリ打ち分けます。

  • 中段にドンちゃんが停止した場合はドンビッグ確定です。
  • 中段にBARが停止した場合はレギュラーボーナスor赤7ビッグのいずれかになるので、中・左リールにBARを狙い、揃わなかった場合には次ゲームで赤7を狙います。

ビッグボーナス中

1回だけ14枚役を入賞(左リール中段に赤七をビタ押し)させ、入賞後は逆押しフリー打ちでMAX311枚獲得可能です。なお、ビッグボーナス後はRT(最大40ゲーム)が付きます。

なお、設定推測を行う場合は、14枚役を入賞させる際に中リールに氷を狙い、右下がりで氷が揃った場合は、斜めベル扱いとなります。

RT(リプレイタイム)中

RTは、前半のハナビチャレンジ(最大20ゲーム)と、後半のハナビゲーム(最大20ゲーム)の2つのパートで構成されています。

ハナビチャレンジ中

残り8ゲームまでは、まず中リールの上段付近に赤七を狙い、右リールをフリー打ちし、以下、停止形により打ち分けます。

  • 中段にリプレイがテンパイしたときは、左リール枠上・上段にBARを目押しし、移行リプレイを外しします。
  • 上段に氷がテンパイしたときと、中リール上段に氷&右リール下段に氷が停止したときは、左リールの中段~下段にBARを狙いチェリーとスイカをフォローします。
  • 右上がり、もしくは右下がりに氷がテンパイしたときは、左リール赤七を目安にテンパイラインに氷を狙います。
  • 上記以外の停止形のときは、左リールはフリー打ちでOKです。

残り7ゲームからは、通常時と同じ小役狙いで消化します。なお、20ゲーム目までに移行リプレイが入賞しなかった場合はパンクとなり、ハナビチャレンジでRTが終了します。

ハナビゲーム中

通常時と同じ小役狙いで消化し、リール上部がフラッシュした際は、小役orボーナスとなります。

なお、ハナビチャレンジ中・ハナビゲーム中ともに、第三停止ボタンを離した後にBGMが停止した場合は、ボーナス確定となります。

レギュラーボーナス中

1回だけ14枚役を入賞(左リール中段に赤七をビタ押し)させ、入賞後は、左リールの赤七付近を避けて順押しで消化することで、MAX116枚獲得可能です。

リーチ目

代表的なリーチ目は、公式サイトで紹介されているので、とりあえずは紹介されているリーチ目を把握しておけばOKです。

リーチ目 | ハナビ通 | アクロス

ちなみに、リーチ目は総数2800通り以上あるそうなので、代表的なリーチ目を覚えたら、レアなリーチ目を探してみるのも良いと思います。

設定推測

「HANBI(ハナビ)通」では、設定推測要素として、通常時の子役確率・ビッグボーナス中の小役確率・RT中のハズレ確率があります。

通常の子役確率

通常にの風鈴確率に設定差があり、高設定ほど優遇されています。

設定確率
11/15.8
21/15.4
51/14.9
61/14.5
H1/4.8

設定Hは別格の確率となっており、メダル50枚で7728ゲーム回るほどの子役確率のようです。

ビッグボーナス中の小役確率

斜め風鈴は偶数設定で揃いやすくなっています。

また、ビッグボーナス中のハズレは、一度出たでけでも高設定濃厚、2度出れば高設定必至の確率差です。

設定斜め風鈴ハズレ
11/10.71/16384.0
21/8.31/16384.0
51/10.71/481.9
61/8.31/481.9
H1/10.71/481.9

RT中のハズレ確率

ハナビチャレンジ・ハナビゲーム中ともに、高設定ほどハズレが出現しやすくなっています。

設定ハナビCハナビG
11/7.11/13.6
21/6.81/12.7
51/6.51/11.4
61/6.21/10.3
H1/1.71/1.8

演出

演出は、前作をほぼ踏襲しています。

フラッシュ演出

小役成立時にリールがフラッシュする演出があり、以下の表のようになっています。

なお、法則が崩れた場合は、ボーナス確定となります。

例えば、リプレイ入賞時にフラッシュがない場合や、ハズレ目で不発以外のフラッシュが発生した場合などは、ボーナス確定となります。

フラッシュ対応役
不発ハズレorチェリーor氷
そよ風リプレイ
ねずみベル
ロケットチェリーor氷
花火リプレイorチェリーor氷
しだれ柳リプレイor氷
打ち上げ花火チェリー
三連花火チェリー
打ち上げしだれ柳チェリー
閃光スペシャルドンビッグ確定

また、フラッシュ演出と消灯演出を組み合わせた法則などもあり、いずれも法則崩れでボーナス確定です。

遅れ演出

通常時にリールの始動音と実際のリール始動のタイミングが若干ずれる「遅れ」が発生した場合は、チェリーorボーナスとなります。

左リールにチェリーを狙って停止しなければボーナス確定です。

ロングウェイト演出

RT中にボーナスが成立した際の約1/3でロングウェイトが発生します。

なお、ロングウェイトは、ウェイトがある状態でのみ発生し、通常のウェイトに+1秒追加されます。

あとがき

設定Hを打てればほぼ負けないようですが、打ってて楽しくなさそう・・・

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。