「ハナハナホウオウ-30」で勝つための打ち方・設定推測

「ハナハナホウオウ-30」で勝つための打ち方・設定推測

2015年9月にパイオニアから登場した「ハナハナホウオウ-30」は、ボーナスのみで出玉を増やす、30パイ仕様のノーマル機です。

ハナハナシリーズではおなじみのハイビスカスランプが光ればボーナスという告知をはじめ、ビッグ確定となるプレミア演出もあり、ジャグラーシリーズと同じように、初心者から上級者まで幅広い層が楽しめるマシンになっています。

ここでは「ハナハナホウオウ-30」の、スペック・打ち方・設定推測・演出について紹介します。

スペック

確率

設定BIGREG合算出玉率
11/2991/4691/18696%
21/2901/4681/17998%
31/2771/4341/169101%
41/2641/3991/159104%
51/2501/3681/148107%
61/2331/3321/137112%

リール配列

リール配列については「P-WORLD」に掲載されている画像が見やすいです。

リール配列 | ハナハナホウオウ‐30 | P-WORLD

打ち方

通常時

まずは、左リール枠上から中段にBARを狙います。以下、停止形によって打ち分けます。

左リールにスイカ停止

中リール・右リールともに白7を目安にスイカを狙います。

左リールにスイカ停止以外

中リール・右リールともにフリー打ちでOKです。

ボーナス成立時

ハイビスカスランプが光れば、ボーナスです。

なお、リーチ目(ハナハナ目)出現時は、次ゲームは1BETでボーナスを揃えます。

ビッグボーナス中

サイドランプが激しく点滅した時のみ、通常時と同じ打ち方でチェリーとスイカをフォローします。それ以外はフリー打ちでOKです。

レギュラーボーナス中

一度だけスイカを揃えることでサイドランプがフラッシュし、設定の奇偶推測に使えます。(奇数設定なら左のサイドランプ、偶数設定なら右のサイドランプがフラッシュしやすいようです)

スイカは左リール中段に白7をビタ押しし、中リール・右リールは白7を目安にスイカを揃えます。

設定推測

「ハナハナホウオウ-30」では、ボーナスの合算確率のほかに、ビッグボーナス中のスイカ出現率・レギュラーボーナス後のパネルフラッシュ・連チャン時のレトロサウンド発生率に大きな設定差があります。

ビッグボーナス中のスイカ確率

ビッグボーナス中のスイカ確率には大きな設定差があります。1/35は切りたいところです。

設定出現率
11/50.26
21/44.94
31/39.63
41/36.18
51/34.54
61/31.76

レギュラーボーナス後のパネルフラッシュ

ビッグボーナス後やレギュラーボーナス後にパネルフラッシュすることがありますが、レギュラーボーナス後のパネルフラッシュは出現した時点で設定3以上が確定します。ただし、出現率は下の表を見ていただくとわかるように、かなり低いです。

設定上のみ上下
1
2
30.2%
40.4%
50.5%0.1%
60.6%0.2%

連チャン時のレトロサウンド発生率

87G以内のボーナス当選時にBGMがレトロサウンドが鳴る場合があります。設定1と設定6で出現率に2倍の差があります。なお、歌付きのBGMは除外します。

設定出現率
16.3%
27.0%
37.8%
49.4%
510.9%
612.5%

演出

「ハナハナホウオウ-30」には、次のようなプレミアム演出があります。プレミアム演出発生時はビッグボーナス確定です。

天翔フリーズ

1ゲーム連などの時に発生するフリーズ告知です。

プレミアム点滅

ハイビスカスの点滅パターンが通常と異なるパターン(鳳凰バーニング・ターンフラッシュ)になる告知です。

MAX BET告知

MAXBETボタンが通常の赤色から緑色のハイビスカスに変わる告知です。

レインボーフラッシュ・バックライトフラッシュ

パネル上部のランプが七色にフラッシュしたり、リールのバックライトがV字にフラッシュする告知です。

スペシャルテンパイ音

7テンパイ時・小役成立時の払い出し時・リプレイ成立時それぞれの音が通常と異なるスペシャルな音になる告知です。

あとがき

高設定のハナハナは出玉率が魅力ですが、いかんせん設置されているホールが少ないことと、設置されていても稼動があまりなく、設定も入っってなさそうな場合ほとんどで、なかなかハナハナを存分に楽しめるホールに巡り会えません。

ハナハナシリーズが高稼動のホールで遊ばれている方がうらやましいです。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。