「クランキーセレブレーション」の打ち方・スペック・設定推測

「クランキーセレブレーション」の打ち方・スペック・設定推測

技術介入機などのパチスロの原点に立ち返った機種を開発するプロジェクト「A PROJECT」の第7弾として2016年10月に登場した「クランキーセレブレーション」は、「A PROJECT」マシンでナンバー1の当たりやすさを誇り、ボーナスのビッグ比率も約70%と高いのが特徴のマシンです。

また、クランキーシリーズおなじみの「上段青7テンパイ」などのリーチ目を継承しつつ、新たなリーチ目も多数搭載し、技術介入要素もバッチリ備えています。

ここでは「クランキーセレブレーション」の、スペック・打ち方・設定推測・演出について紹介します。

スペック

確率

フル攻略(小役完全獲得&ボーナス最速揃え&完全技術介入)により、出玉率は3%ほど上昇するようです。

設定BIGREG合算出玉率
11/1971/4311/13598.5%
21/1871/4101/129101.2%
51/1731/3881/120105.9%
61/1571/3451/108111.6%

リール配列

リール配列については「P-WORLD」に掲載されている画像が見やすいです。

リール配列 | クランキーセレブレーション | P-WORLD

打ち方

通常時

まず、左リール枠上~上段にコンドルを狙い右リールをフリー打ちします。以下、停止形により打ち分けます。

なお、ここではメジャーなコンドル狙いを紹介しますが、これ以外にも左リールに青7を狙う打ち方などもあります。

スイカテンパイ時

中リールに赤7を目安にスイカを狙います。赤7は早めに押しすぎるとスイカを取りこぼすので注意してください。

スイカ非テンパイ時

中リールはフリー打ちでOKです。

ボーナス成立時

ボーナス成立の際は、鳥ビッグ・赤7ビッグ・青7ビッグ・レギュラー(鳥/鳥/7)のいずれのボーナスが成立しているかを判別するために、1枚がけで次のようにボーナスを判別します。

なお、ボーナス成立に気づかなくても3~5ゲーム後には筐体左右にあるWINランプでボーナスを告知してくれるので安心です。

ボーナス最速判別手順

まず、右リール中段~下段に赤7を狙います。以下、停止形により打ち分けます。

  • 右リール中段もしくは下段に赤7が停止したときは、中リール中段に鳥をビタ押しし
    → 鳥が停止したときは、左リールにも鳥を狙います。
    → 赤7が停止したときは、左リールに赤7を狙います。
    → 中リールに鳥が停止してレギュラーを否定したときは、次ゲームで青7を狙います。
  • 右リール上段もしくは中段に鳥が停止したときは、残りリールにも鳥を狙います。

ビッグボーナス中

2回14枚役を獲得します。2回獲得後は、順押しフリー打ちでOKです。

14枚役の獲得手順

  1. 右リール上段付近に7(青7か赤7)を狙います。
  2. 右リール中段に7が停止したときは、左リール上段付近にコンドルを狙います。
    左リール中段にコンドルが停止しなければ、中リールはフリー打ちでOKです。
  3. 左リール中段にコンドルが停止したときは、中リール中段に青7をビタ押しします。

レギュラーボーナス中

上の手順で1回だけ14枚役を獲得します。獲得後は、順押しフリー打ちでOKです。

リーチ目

代表的なリーチ目は、クランキーセレブレーションの公式サイトで紹介されているので、とりあえずは紹介されているリーチ目を把握しておけばOKです。

リーチ目 | クランキーセレブレーション | アクロス

設定推測

クランキーセレブレーションでは、ボーナス確率以外に小役確率などに設定差があります。

小役確率

通常時の小役の中では、ベルBとスイカに大きな設定差があり設定推測に有効です。

なお、ベルAとベルBの判別は、通常時に左リール枠上~上段にコンドルを狙う手順を実行している場合は、左リールの停止型により判別が可能です。

  • 左リールに「コンドル/ベル/スイカ」が停止してベルが揃った場合は「ベルA」
  • 左リールに「ベル/スイカ/リプレイ」か「スイカ/ベル/リプレイ」が停止してベルが揃った場合は「ベルB」
設定ベルAベルBチェリースイカ
11/16.871/125.311/20.481/59.96
21/17.121/109.781/20.481/57.34
51/17.331/99.301/19.001/54.12
61/17.891/94.711/19.001/49.99

ここでは詳細は割愛しますが、3種類ある1枚役とボーナスの組み合わせにも設定差があります。

演出

サイドランプ

「クランキーセレブレーション」の打ち方・スペック・設定推測

筐体の左右にはサイドランプがあり、チェリーやスイカ成立時や、ボーナス成立時に点灯する場合があります。なお、サインドランプには4つの点灯モードがあり、滞在モードにより点灯確率などが異なります。

滞在モードチェリースイカBIGREG
A2.4%3.6%8.0%8.0%
B100%-25.0%25.0%
C-100%25.0%25.0%
D100%100%33.3%33.3%

滞在モードを把握できれば、モードにより打ち方を変えてみたりして楽しめます。

あとがき

通常営業ではまず設定1っぽい台しか見かけない場合が多いですが、強イベントなどで高設定台をつもったらぶん回すしかないですよ!

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。