「キングジャック(KING JACK)」で勝つための打ち方・設定推測

「キングジャック(KING JACK)」で勝つための打ち方・設定推測

2015年9月にアクロスから登場した「キングジャック」は、岡崎産業とアクロスのコラボレーションマシンで、1999年に登場した「キングジャック」の後継機となります。

基本の仕様は、ボーナスで出玉を増やすノーマルタイプで、ボーナス当選のメイン契機はリプレイとなっており、通常時はリプレイの連続でボーナスのチャンスとなります。

また、リプレイ連以外にも、ショートフリーズ・リールの変則始動・セグ告知などのチャンス演出も搭載されており、キングジャックシリーズのファンから新規ユーザーまで誰もが楽しめるマシンとなっています。

ここでは「キングジャック」の、スペック・打ち方・設定推測などについて紹介します。

スペック

確率

設定BIGREG合算出玉率
11/287.41/496.51/182.097.4%
21/282.51/468.11/176.298.5%
31/273.11/431.21/167.2100.4%
41/260.11/409.61/159.1102.6%
51/248.21/372.41/148.9105.8%
61/240.91/356.21/143.7108.3%

リール配列

リール配列については「P-WORLD」に掲載されている画像が見やすいです。

リール配列 | キングジャック | P-WORLD

打ち方

通常時

まずは、左リール上段付近に赤7に挟まれたチェリーを狙い、中リール・右リールは取りこぼしはないのでフリー打ちします。

ボーナス成立時

ボーナスは、ビッグボーナス(7揃い)とレギュラーボーナス(BARを揃い)の2種類のみです。告知やリーチ目が出現したらボーナスを迅速に揃えましょう。

なお、ビッグは赤7・ピンク7どちらで揃えてもOKです。

ボーナス中

全リールフリー打ちで、ビッグボーナスならMAX312枚、レギュラーボーナスならMAX130枚獲得できます。

リーチ目

代表的なリーチ目は、ボーナス図柄の一直線や中段キウイ揃いなどがありますが、メインはリプレイ連からのボーナス告知です。

設定推測

「キングジャック」では、ボーナス確率以外に通常時の小役確率などで設定差がありますが、いずれも差は小さく、設定の高低を推測するには物足りないと思われます。

なので、メインはボーナス合算(理想は1/145以上)を目安に立ち回るのが良いと思われます。

演出

ショートフリーズ

ショートフリーズは発生時点で小役以上確定となり、リール上部のトランプがめくれるほど期待度アップです。

「キングジャック(KING JACK)」で勝つための打ち方・設定推測

リール回転演出

通常、レバーオンでリールは一斉に回転を始めますが、リールのスタート順が「左リール→中リール→右リール」だったり「左リール→右リール→中リール」と、通常と異なるとチャンスです。

セグ告知

リール下部の中央にあるセグで「3」が表示されるとボーナス確定、「7」が表示されるとビッグボーナス確定です。

違和感演出

以下のような違和感演出が発生すると、小役以上もしくはボーナスのチャンスです。

  • リプレイ成立時の音がいつもと違う
  • リール停止音の遅れ
  • ボーナステンパイ音が非発生
  • 左リールが滑ってリプレイ入賞はチャンス

あとがき

導入予定台数が3,000台と少ないため、設置されているホールはかなり限られるのではないでしょうか。マシン自体は面白いと思うので、もっと導入してほしかった。。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。