「デュエルドラゴンプラス」で勝つための打ち方・設定推測

「デュエルドラゴンプラス」で勝つための打ち方・設定推測

2018年10月にMIZUHO(ユニバーサル系)から登場した「デュエルドラゴンプラス」は、2000年に登場し、液晶搭載機として話題になった「デュエルドラゴン」の後継機となります。

基本仕様は、ボーナスメインで出玉を増やすノーマルタイプのスロットです。

本機の大きな特徴としては、約82%でループするRTと、RT中にレギュラーボーナスに当選してもRTが終了しないことが挙げられます。また、総数3,062通のリーチ目にも注目です。

ここでは「デュエルドラゴンプラス」の、スペック・打ち方・設定推測・演出について紹介します。

スペック

確率

設定BIGREG合算出率
11/331.01/392.41/179.697.4%
21/324.41/368.21/172.5100.2%
51/306.21/329.31/158.7103.9%
61/290.01/290.01/145.0108.0%

リール配列

リール配列については「P-WORLD」に掲載されている画像が見やすいです。

リール配列 | デュエルドラゴンプラス | P-WORLD

打ち方

通常時

まず、左リール上段付近に白7を狙い右リールをフリー打ちします。以下、停止形により打ち分けます。

左リール上段に白7が停止したとき

ビッグボーナス確定なので、中リールはフリー打ちでOKです。

成立役:中段チェリー

左リール中段に白7が停止したとき

中リールはフリー打ちでOKです。

成立役:チェリー

左リール下段に白7が停止したとき

ダイヤテンパイ時のみ、中リールにEXTRA図柄を目安にダイヤを狙います。

成立役:ハズレ、リプレイ、ダイヤ

左リール上段にドラゴンが停止したとき

ダイヤテンパイ時のみ、中リールにEXTRA図柄を目安にダイヤを狙います。

成立役:ドラゴン、ダイヤ

左リールに「ダイヤ/ドラゴン/リプ」が停止したとき

左リール上段に白7を目押しして「ダイヤ/ドラゴン/リプ」までスベった場合はボーナス確定なので、中リールはフリー打ちでOKです。

成立役:ボーナス

ボーナス成立時

ボーナスはビッグボーナス(赤7揃い・赤7異色・白7揃い)とレギュラーボーナス(EXTRA揃い)で4種類となります。

レア役を引いて熱い演出に発展した場合や、リーチ目を引いた場合は積極的にボーナスを狙いましょう。

ビッグボーナス中

全リールフリー打ちでMAX300枚獲得可能です。

ビッグボーナス後は、チャンスゾーン「DRAGON BATTLE」へ移行します。

なお、予告音発生時に、逆押しで右リール・中リールをフリー打ちし、左リールに「赤7/ドラゴン/赤7」をビタ押しすることで、設定示唆が出現する場合があります。

レギュラーボーナス中

通常時と同じように、左リールにチェリーを狙って消化することでMAX100枚獲得可能です。

レギュラーボーナス後は、通常時なら通常時へ、チャンスゾーン「DRAGON BATTLE」中ならチャンスゾーンへ、RT「CHANCE TIME」中ならRTへ再突入します。

Memo

RT中にレギュラーボーナスに当選すると、RT残りゲーム数は減算されるようです。

チャンスゾーン「DRAGON BATTLE」中

打ち方は、通常時と同じでOKです。

チャンスゾーン中にリプレイ成立で、RT「CHANCE TIME」に突入し、リプレイ成立前にドラゴン成立で通常時へ転落します。

RT突入期待度は、ビッグボーナス後なら約52%、RT後なら約82%となります。

RT「CHANCE TIME」中

打ち方は、通常時と同じでOKです。

RTは、1セット20ゲームでループ率は約82%です。RT終了後は、再びチャンスゾーン「DRAGON BATTLE」へ移行します。

同時当選

「デュエルドラゴンプラス」では、小役とボーナスの同時当選があり、当選期待度は次のとおりです。

また、小役により当選期待度に設定差があり、リプレイは滞在状態(通常 or RT)によっても期待度が変わります。

小役期待度
リプレイA0.2%(RT中:0.04%)
ドラゴン0.5%
角チェリー1.8%~2.5%
ダイヤA3.0%~3.7%
リプレイB3.8%~4.1%(RT中:100%)
ダイヤB8.0%~9.0%
中段チェリー100%

リーチ目

代表的なリーチ目は、公式サイトで紹介されているので、まずはそれらを押さえておけばOKでしょう。

リーチ目 | デュエルドラゴンプラス 公式サイト

設定推測

「デュエルドラゴンプラス」で設定推測に役立つ要素は、次のとおりです。

レギュラーボーナス確率

レギュラーボーナス確率には大きな設定差があります。

ビッグボーナスとともに、レギュラーボーナスもよく引けている台は高設定の可能性があります。

通常時の小役確率

通常時の小役確率にも設定差があると思われますが、現時点で解析情報は出てきていません。(2018/11/1現在)

ビッグボーナス中のビタ押し時画面

ビッグボーナス中のビタ押し成功時に出現する画面に設定示唆があります。

設定5以上期待度アップ

「デュエルドラゴンプラス」で勝つための打ち方・設定推測

設定2以上確定

「デュエルドラゴンプラス」で勝つための打ち方・設定推測

設定5以上確定

「デュエルドラゴンプラス」で勝つための打ち方・設定推測

設定6確定

「デュエルドラゴンプラス」で勝つための打ち方・設定推測

レギュラーボーナス中のモンスター

レギュラーボーナス中に出現するモンスターの種類に設定差があり、6ゲーム~10ゲームに出現するモンスターがすべて銀色だと、高設定期待度が上がります。

演出

「デュエルドラゴンプラス」の通常時演出は次のとおりです。

モンスター出現演出

液晶に出現するモンスターには、対応役があります。予告音が絡むとチャンスアップです。

モンスター対応役
アオモンハズレ以外の全子役
ミドモンハズレ、チェリー、ダイヤ
アカモンハズレ、リプレイ、ドラゴン

バトル演出

Doが倒したスライムの色が子役に対応しています。

スライムが逃げると通常はハズレですが、小役が揃うとチャンスのようです。

スライムの色対応役
ハズレ
リプレイ
ドラゴン
チェリー
ダイヤ

液晶出目演出

液晶図柄で成立役を示唆しています。

  • 「7」や「Do」図柄揃いはボーナス確定
  • 通常図柄揃いは小役orボーナス

また、液晶リーチ目があり、特定の図柄の並びでボーナス確定となります。

リーチ目 | デュエルドラゴンプラス 公式サイト

リーチ演出

液晶図柄のリーチ演出は3種類あり、最もボーナス期待度が高いのは「押し合い」リーチとなります。

パネル演出

液晶の両サイドあるパネルには、4つの演出「パワーボールランプ」「聖剣ランプ」「アオモンウィンドウ」「ブロックウィンドウ」があります。

「デュエルドラゴンプラス」で勝つための打ち方・設定推測

パワーボールランプ

リールロックとともにパワーボールの色が変わり「青<赤<レインボー」の順でボーナス期待度が高くなります。

聖剣ランプ

剣が点灯すると、ハズレorボーナスです。

アオモンウィンドウ

隠れているアオモンが姿を表すと、小役orボーナスです。

第一停止時に出現するとチャンスアップです。

ブロックウィンドウ

ブロックが崩れて、中から現れる物で成立役を示唆しています。

表示対応役
ねずみハズレ、リプレイ、ドラゴン
コウモリハズレを含む全役
トカゲリプレイ、ドラゴン
金貨ハズレ以外の全役
サソリチェリー
ダイヤダイヤ
たいまつチェリー、ダイヤ
宝箱ボーナス

あとがき

ボーナス確率が重めなので、RTとボーナスがうまい具合に噛み合わないと厳しそうですね。逆に、うまく噛み合うと出玉にも期待できそうです。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。