「新ハナビ」で勝つための打ち方と設定推測

「新ハナビ」で勝つための打ち方と設定推測

メーカーエレコ(ユニバーサル系)
導入開始2021年7月
タイプノーマルタイプ(6号機、A+RT)
技術介入BIG中の赤7ビタ押し、リプレイはずし

スペック

確率

設定BIGREG合算出玉率
11/277.71/356.21/156.098.10%
21/268.61/331.01/148.399.90%
51/256.01/306.21/139.4102.30%
61/248.21/280.11/131.6104.60%

フル攻略(小役完全獲得とRT中のリプレイ外し、レギュラーボーナス時の上級者手順)で、出玉率は4%ほど上昇します。

リール配列

リール配列については「P-WORLD」に掲載されている画像が見やすいです。

リール配列 | 新ハナビ | P-WORLD

打ち方

通常時

これまでの5号機ハナビと同じように、左リール枠上・上段にBARを狙い、右リールはフリー打ちし、停止形により打ち分けます。

なお、新ハナビでは左リール赤7狙いも可能です。(赤7の三コマ上にあるブランク図柄からの中段ブランク・リプレイ・リプレイぞろいがチェリーの代用となっているため)

左リールにチェリーが出現 or 氷テンパイ以外

中リールはフリー打ちでOKです。

氷テンパイ時

中リールに赤七を目安に氷を狙います。なお、右リールのBAR図柄は氷の代用になっています。

ボーナス成立時

ボーナス成立の際は、ドンビッグ・赤七ビッグ・レギュラーのいずれのボーナスが成立しているかを判別するために、5号機ハナビと同じように1枚掛けで次のようにボーナスを判別します。

なお、ボーナス成立に気づかなくても3~5ゲーム後には「たまやランプ」でボーナスを告知してくれます。

1枚掛けボーナス判別手順

まず、右リール中段付近にドンちゃんを狙います。以下、停止形によリ打ち分けます。

  • 中段にドンちゃんが停止した場合はドンビッグ確定です。
  • 中段にBARが停止した場合はレギュラーボーナスor赤7ビッグのいずれかになるので、中・左リールにBARを狙い、そろわなかった場合には次ゲームで赤7を狙います。

ビッグボーナス中

1回だけ9枚役を入賞(左リール中段に赤七をビタ押し)させ、入賞後は逆押しフリー打ちでMAX202枚獲得できます。

なお、ビッグボーナス後はRT(最大40ゲーム)に移行します。

RT(リプレイタイム)中

RTは、前半のハナビチャレンジ(最大20ゲーム)と、後半のハナビゲーム(最大20ゲーム)の2つのパートで構成されています。

ハナビチャレンジ中

基本は通常時と同じ小役狙いで消化します。(パネルがフラッシュした際は小役orボーナスとなります。)

逆押しナビ発生時は、右・中リールをフリー打ちし、左リール枠上~上段にBARを目押ししてリプレイ外しを行い、目押しに成功(左リール上段がBAR停止)すればハナビチャレンジ継続です。

残り7ゲーム以降で順押しナビ発生時は、順押しフリー打ちで突入リプレイを入賞させ、ハナビゲームへ移行します。(なお、最終ゲームは予告音なしでもJACINの可能性があります。)

なお、20ゲーム目までに突入リプレイが入賞しなかった場合はパンクとなり、ハナビチャレンジでRTが終了します。

ハナビゲーム中

通常時と同じ小役狙いで消化します。リール上部がフラッシュした際は小役orボーナスとなります。

なお、ハナビチャレンジ中・ハナビゲーム中ともに、第三停止ボタンを離した後にBGMが停止した場合は、ボーナス確定となります。

レギュラーボーナス中

レギュラーボーナスでは、最初に止めるリールによる技術介入要素があり、上級者手順の完全攻略で最大112枚獲得できます。

  • 初級者の方は、順押し適当打ちで、平均72枚ほど獲得できます。
  • 中級者の方は、逆押しで左リールのみ3連ドンちゃんを目押し(4コマ目押し)して、平均90枚ほど獲得できます。
  • 上級者の方は、中押しで全リールの中段に氷を目押し(2コマ目押し)することで、自力で最大112枚の獲得が狙えます。

パネル点滅時

予告音が発生しパネルが点滅したときは、1枚役成立の可能性があり、入賞回数を減らさないために1枚役ハズシを行います。

手順は、通常時と同じ子役狙いで左リール・右リールの順で停止させ、氷がテンパイしたときだけ中リールに氷を狙います。

なお、レギュラーボーナス終了後は通常時へ戻ります。

リーチ目

代表的なリーチ目は公式サイトで紹介されているので、とりあえずは紹介されているリーチ目を把握しておけばOKです。

リーチ目 | 新ハナビ 機種サイト

ちなみに、リーチ目は総数3500通り以上あるそうなので、代表的なリーチ目を覚えたら、レアなリーチ目を探してみるのが良いと思います。

設定推測

新ハナビでは、通常時の小役確率やビッグボーナス中の小役確率、RT中のハズレ確率、レギュラーボーナス時のハズレ確率に設定差があります。

高設定濃厚の示唆もあるので要チェックです。

通常時の小役確率

新ハナビでは、ベル・チェリー・氷それぞれに設定差があり、高設定ほど入賞確率は高いですが、5号機のハナビに比べて設定差が小さいため、設定判別には向かないでしょう。

ちなみに、遊戯時に「ユニメモ」に記録するよう設定しておけば、子役ごとの数値を取得できます。

ビッグボーナス中の小役確率

斜めベルは偶数設定でそろいやすくなっており、バラケ目は一度出たでけでも高設定濃厚です。

バラケ目入賞時は、ベルがそろわずに10枚の払い出しとVフラッシュが発生します。

設定斜めベルバラケ目
11/11.01/16384.0
21/9.01/16384.0
51/11.01/16384.0
61/9.01/655.4

レギュラーボーナス中のハズレ確率

レギュラーボーナス中に、上級者手順で氷を目押ししたにもかかわらずハズレた場合や、パネルフラッシュ時に氷がテンパイして外れた場合は、設定5以上が濃厚となります。

なお、ハズレ出現時は点滅フラッシュが発生します。

設定確率
1
2
51/376.6
61/376.6

レギュラーボーナスの終了画面

レギュラーボーナス終了時にリール下にあるミニ液晶画面で花火が打ち上がり、左上に「ピース花火」が出現すれば設定2以上濃厚です。

RT中のハズレ確率

ハナビチャレンジ・ハナビゲーム中ともに、高設定ほどハズレが出現しやすくなっています。

特にハナビゲーム中のハズレは、ハナビゲームを100Gほど(BIG5回分ぐらい)消化すれば、設定の高低ぐらいは判別できそうです。

設定ハナビCハナビG
11/6.01/13.4
21/5.81/12.4
51/5.31/10.1
61/5.11/9.5

演出

新ハナビでは、5号機ハナビと同じようにフラッシュや消灯による演出に加えて、リプレイやチェリー(チェリーB)で3消灯した次のゲームで発生することがある液晶演出「たまやチャレンジ」が新たに搭載されています。

たまやチャレンジは、リール下のミニ液晶による演出で、リプレイやチェリーとボーナスとの同時当選に期待(期待度約36%)ができます。

なお、通常時の「たまやチャレンジ」は、ミニ液晶の前にある「CHANCE」ボタンを押さないと、演出がスキップされてしまうのでご注意を。

あとがき

レギュラーボーナス時に毎ゲーム目押ししなければならない面倒臭さがありますが、完全攻略すれば設定1でも機械割が102%は魅力的です。